障害者総合支援

障害者総合支援制度について
障害者総合支援制度を利用するためには、お住まいの市町村窓口で
障害者総合支援の申請を行い、支給決定を受ける必要があります。
まずは、市町村の窓口等で事業者・施設についての情報を提供して
もらったり、制度に関する相談をすることから始めましょう。


支給決定プロセス
※障害程度区分とは
障害程度区分とは、障害者に対する介護給付の必要度を表す6段階の区分(区分1~6:区分6の方が必要度が高い)です。介護給付の必要度に応じて適切なサービス利用ができるよう、導入されました。
障害者の特性を踏まえた判定が行われるよう、介護保険の要介護認定調査項目(79項目)に、調理や買い物ができるかどうかなどのIADLに関する項目(7項目)、多動やこだわりなど行動障害に関する項目(9項目)、話がまとまらないなど精神面に関する項目(11項目)の計27項目を加えた106項目の調査を行い、市町村審査会での総合的な判定を踏まえて市町村が認定します。

支給決定までの流れ(介護給付を希望する場合)
1. 相談・申し込み お住まいの市町村の障害福祉担当課が窓口となります。
2. 支給申請 利用するサービスについて支給申請します。
3. サービス等利用計画案の
  提出依頼
申請した市町村より、サービス等利用計画案の提出依頼があります。相談支援事業者とサービス等利用計画案を作成することになります。
4. 心身の状況について調査 市町村の職員(又は市町村から委託を受けた者)がご家庭・施設等を訪問し、サービス利用希望者様の心身の状況について調査します。
5. 障害程度区分の一次判定 調査結果をもとに,市町村が障害程度区分の一次判定を行います。
6. 二次判定 市町村審査会において,一次判定結果,医師意見書等をもとに審査判定されます。審査会は保健医療福祉をよく知る委員で構成されます。
7. 障害程度区分の認定 市町村が障害程度区分を認定します。障害程度区分は障害者に対する介護給付の必要度を表すもので,区分1から区分6まであります。
8. 勘案事項調査 市町村が利用者の勘案事項(地域生活,就労,日中活動,介護者,居住など)について調査します。
9. サービス利用意向の聴取 市町村が利用者のサービスの利用意向を聴取します。
10.サービス等
  利用計画案の提出
サービス等利用計画案を提出します。
11. 支給決定 市町村が介護給付を支給決定します。(受給者証交付)

支給決定までの流れ(訓練等給付を希望する場合)
1. 相談・申し込み お住まいの市町村の障害福祉担当課が窓口となります。
2. 支給申請 利用するサービスについて支給申請します。
3. サービス等利用計画の
  提出依頼
申請した市町村より、サービス等利用計画案の提出依頼があります。相談支援事業者とサービス等利用計画案を作成することになります。
4. 心身の状況について調査 市町村の職員(又は市町村から委託を受けた者)がご家庭・施設等を訪問し、サービス利用希望者様の心身の状況について調査します。
5. 勘案事項調査 市町村が利用者の勘案事項(地域生活,就労,日中活動,介護者,居住など)について調査します。
6. サービス利用意向の聴取 市町村が利用者のサービスの利用意向を聴取します。
7. サービス等利用計画案の
  提出
サービス等利用計画案を提出します。
8. 暫定支給決定 より適切なサービスご利用いただけるように市町村が、最終的な意向の確認と、利用が適切かどうかの客観的な判断を行うための期間を設定した「暫定支給決定」を行います。
9. 訓練・就労評価項目に
 沿った個別支援計画作成
ご本人の利用意思と,サービスが適切かどうか確認できたら,評価項目に沿ったお一人お一人の個別支援計画を作成します。
10. 支給決定 結果を踏まえ,市町村が支給決定します。

障害者総合支援制度で利用できるサービス



居宅介護
(ホームヘルプ)
自宅で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
重度訪問介護 重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅で、入浴、排せつ、食事の介護、外出時における移動支援などを総合的に行います
同行援護 視覚障害により、移動に著しい困難を有する人に、移動に必要な情報の提供(代筆・代読を含む)、移動の援護等の外出支援を行います
行動援護 自己判断能力が制限されている人が行動するときに、危険を回避するために必要な支援、外出支援を行います
重度障害者等包括支援 介護の必要性がとても高い人に、居宅介護等複数のサービスを包括的に行います
短期入所
(ショートステイ)
自宅で介護する人が病気に場合などに、短期間、夜間も含め施設で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
療養介護 医療と常時介護を必要とする人に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常生活の世話を行います
生活介護 常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排せつ、食事の介護等を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供します
施設入所支援 施設に入所する人に、夜間や休日、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
共同生活介護
(ケアホーム)
夜間や休日、共同生活を行う住居で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います





自立訓練
(機能訓練・生活訓練)
自立した日常生活又は社会生活ができるよう、一定期間、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練を行います
就労移行支援 一般企業等への就労を希望する人に、一定期間、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います
就労継続支援
(A型・B型)
一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います
共同生活援助
(グループホーム)
夜間や休日、協同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います

お問い合せ TEL.0229-55-5331 お問い合わせフォームこちらから
各種サービス 各種料金 有限会社トータルケアサービス
トータルケア大崎
〒987-1304
宮城県大崎市松山千石字松山371-3
TEL.0229-55-5331
FAX. 0229-55-5220

宮城県指定 介護保険事業者番号
第0471500553 号

介護サービス情報公表総合サイト